<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
タイムスリップ
商店街
Copyright © 2006 watashiosora all rights reserved
-2006.08.24-



大蛇の腹のようなアーケードの覆い。

その向こう側にあるのは




紛れも無い真夏の青空でした・・・


+   +   +   +   +   +   +   +

終戦後の闇市から増殖していったといわれる
大阪・鶴橋駅周辺の商店街群。

くもの巣のように広がるその光景は、
カメラを跳ね返すようなしたたかさに溢れています。


そんな中でも、ここは韓国色のほとんど無い
古き昭和の日本がまだ息づいているところ。



2006年8月24日、昼前の情景・・・


| ワタシノソラ∞我的天空 (夏) | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
ほほ〜。師匠のお写真を拝見する時、五感が刺激されるように思います。
そこに暮らす人たちの喧騒や逞しさ、それに加えて、音や匂いのようなものを伝えてくれますから…。
「戦後」を感じさせてくれる街が、まだこうして残っている…。そこが大阪らしさなのかもしれませんね^^
| メディ | 2006/08/28 1:45 AM |
ご無沙汰してしまいました。
新潟は十日町、松之山に棚田の撮影に行ってきましたので留守にしてました。
懐かしさを感じる絵ですね。
まだこうゆう商店街が残っているのが嬉しいですネ。
東京でも韓国パワーに占拠されてしまった商店街、多いんですよ!
| | 2006/08/28 9:13 AM |
こういう雑多なマーケット、
キャリー、大好きっす!う〜んワクワクするう〜
いつかマダムとテヘランのバザール歩いてみたいな。
マダムに写真を撮ってもらいたい国・・イランです。
| リラ | 2006/08/28 4:49 PM |
メディさん、

ここはお揃いの電気の看板以外は本当に昔のままって感じです。

はっきり見えませんが、時代がかったロゴの古びて色の変わった看板が軒並み見られます。

それと、くねくね曲がったアーケードには果てしなく万国旗が飾られているのが不思議な感じ。
大阪万博以来ずっとこうなのではと思ってしまいます。
| ワタシノソラ | 2006/08/28 10:29 PM |
紅さん、

棚田の撮影・・・
こちらにも少し足を伸ばせば、保護対象になっている棚田がありますが
まだ一度も見に行ったことないです。
近くだとかえって行かないものですからね。

鶴橋はもともと韓国人の市場でそれはすごいパワーです。
そこも撮ってきたのですが、ここは古き良き日本の風情。
ここまで変わってないところも珍しいです。

| ワタシノソラ | 2006/08/28 10:35 PM |
リラさん、

ここはほんとにタイムスリップ、ショートストーリーにありそうな白昼夢の世界です。
青空の下にありながら、アーケードのバリアで隔離された・・・

といってもそれはよそ者の私の感覚であって、
写真の中のお婆さんにとっては紛れも無い現実、日常そのものなのですよね。

イランは写真になるでしょうねー!
リラさんといっしょでないと、わたし迷子になるからね。
よろしく♪


| ワタシノソラ | 2006/08/28 10:44 PM |
自然の荘厳さを見せる空も、「人」の中から見ればすばらしい人の空になる。

たまには、こういう人間の空も暖かいですね。


でも、これさえも少なくなっていってるみたいです。

これ以上空を壊してほしくないですね。


大阪ですか・・・今度は違った視点で見てみたいです。


堺あたりで道路工事する情報があったら教えてください。

陶片あさりに行きますんで(笑)
| ponchanpe | 2006/08/30 6:57 PM |
ponchanpeさん、

いつも同じような写真だと自分も飽きますから、
ときにはこういった下町の風情も入れてゆきます。

生粋の江戸っ子ponchan、
陶片あさりには同行しますよ!
| ワタシノソラ | 2006/08/31 9:40 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://watashinosora.jugem.jp/trackback/46